層雲峡温泉源泉群

【源泉湧出】
P1170682
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1170686
仰々しい名前の所が所有してたりしてる。
 P1170707
こちらは♯2
  P1170710
源泉から宿に向かうパイプ達
 P1170715
あちらこちらに普通にある
 P1170711
貯湯タンクか?

直ぐ行けるからとあまり源泉探しはしていなかった。 安政4年(1854)に発見され、ライマンなども調査 塩谷温泉、国沢温泉とも呼ばれていたが大正10年(1921)に訪れた大月桂月により層雲峡と命名

今回訪れたのは、陸軍療養所層雲峡分院 後の日赤分院近辺 現在は建物のみ残る。 付近に立ち入ると硫化水素臭が漂う、腐食が進んだ鉄板の隙間からは湯気 コンクリートの蓋は熱いし、足元はグジュグジュしてる。
この奥は紅葉谷(もみじたに)の散策路 駐車場もあるので利用するのもいいだろう。
一歩散策路に踏み入ると、鬱蒼とした原生林がお出迎え
高温泉なので、入れませんが香りだけで十分満足 スニーカーで十分に行ける(爆)
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/1063-2f9afe87
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ