湯元 湧駒荘・立ち寄り湯

【湯元 湧駒荘】
 P6040050
散策した後は 温泉だよね て大げさな散策じゃないけどね アートビレッジは立ち寄り湯はしてない、ロッジ・ヌタプカウシュペは昨年の台風で露天が壊れて現在改修中 こ洒落た宿は、高すぎ(同じ値段でランチのコース食べれるな) 白樺荘はあと一時間ほど待たなきゃ グランドか湧駒荘の二択
今回は湧駒荘にしました、当ブログでは2009/03に紹介しています。 当時は600円でしたが現在は800円になっていました。 大きなロビーは何時もながら落ち着く造りですね。

【内湯】
P6040026
正苦味泉は旧泉質名でマグネシウム硫酸塩のことです。、こちらの分析表では「含食塩・土類-正苦味泉」 新表記では、「マグネシウム・カリシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉」 -の手前は陽イオン成分で後ろが陰イオンで先頭から含有量多い成分になっています。

P6040029
芒硝泉はナトリウム硫酸塩のこと 上記の正苦味泉・芒硝泉は共に「硫酸塩泉」に分類され成分の含有量により名称が変わります。
同じ仲間の泉質なれど泉温は違うので、入浴感はちがいます。 微妙な違いを楽しもう。
以前はランチも力を入れていたので、ここでと思ったがメニューを見て山を降りることにしました。

湯元 湧駒荘
住所:東川町勇駒別旭岳温泉
電話:0166-97-2101
立ち寄り情報
営業:12:00~19:00
料金:800円
湯元 湧駒荘さんのHPはこちら
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/1503-7883356f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ