旧かんぽの宿・層雲峡 解体へ

正面

2006年3月で閉館した同施設の解体が決定
旧日本郵政公社から購入した温泉レジャー施設運営会社「大江戸温泉物語」(東京)
は、同社の試算では故障している温泉ポンプの改修におおむね五千万~八千万円、
場合によっては一億円かかる可能性もあるため「負担が大きく、採算が合わない」(同社)
と営業を断念。 <道新上川版11/28>

温泉街手前の施設で通るたびにどうなるのか心配してたのですが、
再開は無理だろうとは思ってましたが、、、
内湯                            露天
内湯 湯気が凄い 露天 湯気が凄い
2回ほど宿泊で利用しました。 バリアーフリーの施設でお年寄り等には利用しやすいと
感じてましたが・・・一度閉鎖すると再開はきびしいですね。 2005/11撮影
関連記事

Comment

2008.11.29 Sat    |  

いわさん、こんばんわです。

かんぽの宿、取り壊しとは・・・ 今年、2回ばかり層雲峡へ行った際、バスの窓から拝見しました。東京の会社が買ったはいいけれど、持て余してしまった感じで、この会社には「何をやっているのか」と言うよりは、「お疲れ様」と声を掛けたい気分でした。

貴重な風呂の写真、ご馳走さまです!

  • #-
  • いっち
  • URL

2008.11.29 Sat    |  残念ですね。

いっちさんも見られてますが、1階部分がコンパネで覆われた宿は悲しくなってきます。
このまま放置されても困るな、とは思ってましたが・・・・

1月1日現在で固定資産税が掛かるので、早急に解体が始まるようです。

画像はクラッシュの前に救い出した30%の中に有りました。

2009.05.31 Sun    |  

本当の破壊行為です。

2009.05.31 Sun    |  Orwellさんへ

郵政は何かきな臭いですよね。 ブログも拝見しました。 話題も多岐に渡り私の拙い知識では、Orwellさんのつたえたい事がチョッと難し過ぎて・・・・ごめんなさい。

以前立ち寄り湯・宿泊もしたことのある私としては複雑な気持ちです。

2009.07.24 Fri    |  

2009年7月8日層雲峡に行ったついでに見てきました。

丁度、旭川に向う飛行機内の新聞に「かんぽの宿層雲峡」の無残な姿の記事がありました。

「大江戸温泉物語」は固定資産税を払うのを回避するために
宿の一部(壁など)を壊している。とのこと、
まさしくその通りでした。

どう見ても我が家のマンションより新しく見えるのですが。
悲しい姿です。ひどく醜い姿でした。

  • #-
  • 名無しさん
  • URL

2009.07.25 Sat    |  WHOさんへ

失礼と思いますが、名前が無いので「WHOさん」と呼ばせて頂きます。
多分この姿と思いますが 過去記事です http://4and20.blog87.fc2.com/blog-entry-323.html
新聞の記事でどの様に書かれていたのかは、確認出来ないのですが同様のメディアでは年内の完全解体を決めたと情報もあり、それを信じたいと思います。

購入した方も維持・管理には費用が掛かるのは明白なことで、不透明なのは否めません。
逆にこちらが変に、勘繰ってしまいますよね。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/180-0b4e149c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ