紫彩の湯(しさいのゆ)・富良野温泉・立ち寄り湯

看板
富良野の新プリンスホテルが、地下1,010mからくみ上げてる温泉 開湯して1年ぐらいでしょうか
訂正:オープンは2008年の10月でした。
中々来る機会がありませんでした、理由は高い其れのみ。 立ち寄りに1,500円はチョッとね

今回半額のキャンペーンをやってるのを知り、出かけました。
新プリンスホテル
スキー客が賑わう駐車場に車を止め早速伺いましょう。
受付で750円(半額)を支払い、最初のロッカールームに行きます。がここはスキーウエアーや
コート類を預ける場所で、立ち寄り時はスリッパに履き替えればOK
勘違いしそうですが、ここでスッポンポンにならない様にね。
 
操作は非常に複雑で、ご高齢の方は注意 ロッカーNoも指定されてます。
04138.jpg
バスタオルとタオル付き
 04139.jpg
背面のスリットにカードを挿入

私もイマイチ判らず苦労しました。 汗 受付はB1で温泉のある2階まで休憩室などを確認
しながらエレベーターで移動 更衣室で2回目のロッカー(またかよー)
04167.jpg
二個目のロッカー
 04162.jpg
アメニティー


やっと温泉に辿りつきました。
内湯

露天風呂                        内湯
04153.jpg 04166.jpg
薬品臭も感じられず、新しく気持ちのいい温泉です。 温泉としては?でした
一番気持ちが良かったのは、ラベンダーのポプリが入ったアトラクション風呂だったりします。笑い
セキュリティーはここまでしないと駄目なのか疑問に思いますが、立ち寄りは考えず宿泊専用と
考えればよいのかな 気軽に立ち寄れない金額ですからね。
宿泊者もお金が掛かるようで、益々??状態 


源泉名:富良野温泉  分析日:平成19年12月11日
     泉温:26.3℃ 
     湧出量:250ℓ/min(動力揚湯)
     ph:8.56   
     成分総計:9.268g/mg  
     泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
         アルカリ性等張性低温泉(旧泉質名:含塩化土類-食塩泉)
成分の主は塩分で源泉は素晴らしいと(謎) 思いますが面影は何処に? 笑い

新富良野プリンスホテル紫彩の湯
 営業:12:00~0:00(7~8月 12:00~18:00) 料金:1.500円  
     バスタオル・フェイスタオル付

 


 


関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/243-d9bcd796
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ