見市温泉・風呂

05142.jpg
内湯 透明度30cmほどの赤黄色の湯 赤い湯華が漂っていていい感じ。
結構熱いのが有名ですが、入れないほどではないでね、ただ頑張ってると体が真っ赤に
なります。 露天は適温。
05138.jpg
脇に流れる見市川のせせらぎを聞きながら、マッタリした時間が過ぎていきます。
風呂底に、湯華が薄く溜まってるので、足を滑らせないように入りましょう

山中の宿 これから虫が心配ですが、これは体験がないので何とも語れません。

photo book
05092.jpg 05094.jpg 05122.jpg 05140.jpg 05143.jpg
05088.jpg
何故かクリスマスしてます。
 05148.jpg
利用客が増えるとこちらを使います。
前回はこちらを使用
 05149.jpg
休憩処
 05159.jpg
温泉犬 しっぽ振り降りですでに遊んでスイッチON
 05161.jpg
出て見上げると祠

源泉名:1号井戸と2号井戸の混合井
試験日:平成20年6月23日
泉温:59.8℃  湧出量:110ℓ/min(自然湧出)
㏗値:6.47
蒸発残留物:4.324g/kg
成分総計:5.106g/kg
泉質:ナトリウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)

 色に反して浴後はサッパリとしたお湯 休み処で涼んでると、立ち寄りのお客さんと
暫し会話 なんと函館から来てるとのこと エーもう22時近いですがこれから帰ると
夜道、気をつけてお帰り下さい。
やはり函館人、お湯は熱くなくては温泉とは言わないそうな 笑い

休み処や食事処も綺麗に改装されており、古いながら利用者のために変化してる
ところは好印象 平日にも拘らず立ち寄り客は途切れなく来ていました。

 今回、電話予約 料金1名:7.920円 
以前利用時は、「アワビのフルコース」13.800円、残念ながら画像が無い御免なさい。
その時の姉曰く 「今まで食べたアワビ以上を一日で食べた」 笑い  
朝食がもう少し一工夫欲しい所と感じましたが、レギュラーコースでも十分
追加をだせばアワビの単品も可能 予約が確実
 
見市温泉:八雲町熊石大谷町13番地の1
電話:(0139)82-2002
営業:7:00~22:00
料金;500円
logo[1]
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/285-a4d01962
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ