鯉川温泉・立ち寄り湯

06385
明治32年10月に「宮川温泉」として開業 ほどなく初代湯守八木周蔵が、
「鯉川温泉」と改名

蘭越町HPより抜粋
>明治28 滋賀県人 宮川久吉温泉発見
 明治32年10月 宮川温泉として開業。
 昭和7    鯉川温泉と改称。
道内でも歴史のある温泉宿 今回湯めぐりパスを利用して伺いました。
06387
内湯 笹濁りの湯
06396

露天 ナメ滝を眺めながら 至福の時間
06398
photo book
06391.jpg
浴場に至る 渡り廊下
 06392.jpg
何時の駅長なのでしょうか?
 06395.jpg
脱衣所
 06397.jpg
露天に向かう
 06401.jpg
露天の投湯口
 06405.jpg
内湯の飲用コップ

 
「昆布温泉郷」と海岸沿いでもないのに珍しい名称ですが、調べると諸説あり中々面白い
ただ銘々したのは、昭和5年に、古参の三湯(宮川(現鯉川) 青山(昭和36年焼失) 紅葉谷(跡地に現あしりニセコ))で協議し、「昆布温泉」と決めた。

余談ですが、この近辺で古いのは、明治18年「婆温泉」、のち「馬場温泉」、現在湯元温泉郷、明治27年山田温泉、明治32年雷電の旭温泉(現朝日温泉)と今も現存 100年過ぎても在るって素晴しい 参考蘭越町HPより

けして立派な施設ではない、廊下は歩けば音がする湯宿ですが、歴史でしょうか心落着けて、肩までその湯に浸れば至福の時間が過ぎます。
何時かは泊まりで利用したいと心にとめた
  

源泉名:ニセコ昆布温泉 (新湯)
試験年月日:平成17年7月12日
泉温:65.8℃
㏗値:6.5
蒸発残留物:2.821g/kg
成分総計:3.692g/kg
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)

鯉川温泉
住所:磯谷郡蘭越町字湯里592
電話:0136-58-2111
営業:10:00~21:00
料金:500円
koikawa.jpg
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/343-bd2e8f15
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ