<

糠平舘観光ホテル・お風呂

 P1030372.jpg
【糠平源泉郷】は全施設『かけ流し宣言』(源泉が高温の為、加水有り)を謳う。
また各施設で独自源泉を持ち、大地の力が在る温泉を堪能できる。

 P1030440.jpg
入れ替えが有り、こちらは翌日利用したお風呂、画像TOPが別側の岩風呂 かなり印象が異なりますね どちらも清潔感がある浴槽でした。
【脱衣場】
 P1030359.jpg

【夜の露天風呂】
P1030382.jpg

【混浴露天 仙郷の湯】
 P1030430.jpg
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1030352-1.jpg
入り口の休憩処
 P1030349-1.jpg
マッサージ・チェアは別部屋に用意
 P1030358-1.jpg
洗面
 P1030443-1.jpg
浴場内の洗面(清掃中でしたが、了解を取り撮影
 P1030348-1.jpg
混浴露天風呂「仙郷の湯案内板(女性専用時間あり)
  .jpg
仙郷の湯へ至る小道

源泉名:糠平温泉(源泉名:表記なし)
試験日:平成13年9月5日
泉温:59.2度
ph:7.0
蒸発残留物:0.877g/㎏
成分総計:1.122g/㎏
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(旧:含重曹-食塩泉)
資料より一部抜粋
糠平温泉は、古くからユウンナイ(アイヌ語で“谷川にある温泉”)として知られていた、大正2年(1913)長沢元次による長沢温泉の営業が最初とされている。 そののち昭和27年(1952)電源開発によって糠平ダムが完成し上記の温泉と数件の宿は湖底に没した。それとは別に奥地(現在のぬかびら温泉郷)で大正8年(1919)島隆美(現在の湯元館)が高温泉を発見し、大正14年(1925)3月から湯元館の営業を開始
関連記事

コメント 0

There are no comments yet.
道東