北村温泉ホテル・風呂

 P1030731.jpg
源泉掛け流し・加温なし・加水なし・薬剤なしと謳う湯使い
何時も利用客が多く 今回宿泊で撮影を試みる 立ち寄り利用時間は7:00~23:00 宿泊者利用時間は5:00~23:00である。 やはり夜まで利用客が途絶えず早朝に掛ける。
 P1030791.jpg
 P1030802.jpg
 P1030796.jpg
 P1030804.jpg
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1030783-1.jpg P1030788-1.jpg
夜間の露天 湯気でサッパリ分かりません。
 P1030799-1.jpg P1030793-1.jpg 1389-1.jpg
手元に残る旧浴場 2005/03撮影

湯口から強塩泉の源泉がドバドバと掛け流し 口に含むとまさに「しょっぱ~」 その味はオロロンラインの強塩泉軍のエグ味(含むアブラ臭)はなくまさに『塩』 浴場に入ると臭素臭も僅かに香る。

最初に浸かるとツルツル感、暫くすると強塩泉のお決まりのギシギシ感に変わり、更に高張性の為か汗ダクダク 温泉ホテルの旧浴場
手元に残る旧浴場 2005/03撮影
はチョッと階段で降り、二つ浴槽があったと記憶 その時もお湯が掛け流しで流れ出る湯で、利用客はトド状態でしたね(函館状態 笑)
温泉分析書
源泉名:北村温泉(4号・5号井の混合)
試験年月日:平成17年6月24日
泉温:(混合)43.9℃ 湧出量:1.280ℓ/min(動力・自噴)
pH:7.2
蒸発残留物:30.68g/㎏
成分総計:29.70g/㎏
泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉 高張性中性高温泉 (旧:強食塩泉)
湯使い:源泉掛け流し・加温なし・加水なし・薬剤なし
成分の主たるものは塩分 Br(臭素イオン)54.2㎎ Ⅰ(ヨウ素イオン)13.8㎎含む
新篠津(たっぷ、アイリス)も同じような源泉と記憶
関連記事

Comment

2010.03.26 Fri    |  

ご無沙汰しております。

こちら昨秋、初訪問させていただきました。
お湯の力強さにKOされました^^;。
空知の至宝だと思います。。

  • #.vjKhiP6
  • 駅前旅館
  • URL
  • Edit

2010.03.26 Fri    |  駅前旅館さんへ

高張性の源泉が加工無しの湯使い お隣の新篠津は加工有りですから更に好印象ですよね 利用者が多いのもうなずける
 
でも新篠津の「アイリス」は中々ですよ。

  • #GYDvwQPg
  • いわ
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/502-e1f8684f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ