森の旅亭 びえい・お風呂

 P1040115.jpg
以前の施設の投湯量と同じなら厳しいだろうと予測してたが、源泉掛け流しと事前情報があったが果たして湯使いは如何に?

【内湯】
 P1040139.jpg
写真奥に見える浴槽が「源泉掛け流し100%」 手前の細長い浴槽は「水風呂」 その横に微かに見えるのが加水・加温(一部あり)浴槽
事前情報には間違いないようだ 一部加温・加水はあるが薬剤なし 使用量が増えたのに可能なのか? 私的な推測と新たな事実は下記で説明 

photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1040117.jpg P1040116.jpg P1040245.jpg P1040244.jpg P1040126.jpg
P1040133.jpg
壷湯
クリックで拡大

露天風呂は大きい浴槽と一人が限界の浴槽の二つで、共に加水・加温の湯使い まだ雪景色だが雪が無くなるといい景色の予感

源泉浴槽はとても良い くたびれていないお湯 以前の施設の湯と比べると泡付きが無くなり少々残念ではあるが、開業間もないのに既に縁には温泉成分が付きだしてるのが少々わざっとぽいが(笑) 口に含むと微カン味・微金気・微アブラ 表現が難しいが玉ねぎのような香りの湯も健在
利用した感じでは、露天壷湯が一番新鮮に感じた。

温泉分析書
源泉名:白金温泉(源泉名白金14号・15号・19号混合泉)
試験日:平成21年10月30日
PH値:6.4
蒸発残留物:4.834g/kg
成分総計:5.329g/kg
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉
ここで驚いたのが”14号井”以前の記事で紹介済みの、未使用であったボウリング井を新たに使用して供給量を増やしたと思われる。 この井を使用してるのは他では現時点では確認してないが、白金地区は一部施設を除き基本は管理湯(町管理)なので他も同時に利用してる可能性がある。
日帰りも受け付けてるが、宿泊者とは被らない時間帯(11:00~15:00)なのでゆっくりと利用できた。
関連記事

Comment

2010.04.17 Sat    |  へぇ~

温泉人(おんせんびと)の”ぼ”です。今晩は!
へぇ~、白金温泉に新しい温泉宿?と思って、記事を読んでいたら、
以前の白樺荘なのですね。あまりの変わりように驚きました。
なかなか良さそうなので、今度日帰りでも利用してみます。
食事も良さそうなので、泊ってみたいところですが、
予算オーバーしそうです(笑)

2010.04.18 Sun    |  Re: へぇ~

そうですよ 「白樺荘」を解体して更地で売却
新たな宿 新設ハイクラスとチャレンジャーで今後を見守りたいですね。

再宿泊は無理ですので、離れ露天付でフォロワーをお願いします(爆)

  • #GYDvwQPg
  • いわ
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/512-cb726e4d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ