馬追温泉旅館・立ち寄り湯

P1070931
開湯明治14年 現在四代目が受け継ぐ 近くにマオイキャンプ場・長沼温泉
山間の温泉宿 佇まいがしびれる 橋を渡り伺おう。

【浴槽】
P1070920
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1070929
正面
 P1070923
入り口
 P1070928
お年を召した温泉犬
名前聞くの忘れた
 P1070932
道路沿いの看板

浴槽は一つ ライオンの口が投湯口 冷泉なので薬剤・循環・加温有りだが塩素の香りは殆どしないが循環の為硫黄泉の香りはしなかった。 
がカランからは加温のみと思われる硫黄臭が堪らない自然湧出源泉を堪能できる。
最初は微ツルで暫くすると微キシキシ感に変化

良く手入れのされた前庭 館内は清潔 札幌から一時間以内 癒しの温泉犬(人懐っこいゴールデン) お気に入りの本でも持ち込んで宿泊(格安)するのもわるくない。
冷鉱泉を利用してる湯宿は、少なくなる傾向だがいつまでも残って欲しいものだ。


温泉分析表
源泉名:馬追温泉1号井
試験年月日:平成20年4月16日
泉温:7.0℃
pH:7.8
蒸発残留物:0.209g/kg
成分総計:0.282g/kg
泉質:単純硫黄冷鉱泉(弱アルカリ低張冷鉱泉)
旧泉質名:単純硫黄泉

【馬追温泉旅館】
住所:夕張郡長沼フシコ番外地
電話:01238-8-3737
立ち寄り湯
時間:10:00~21:00
料金:450円
因みに一泊二食付きで6.300円と格安だ。 
関連記事

Comment

2010.12.01 Wed    |  

数年前に行った時に、過剰な塩素臭にがっかりしましたが
少しは収まったのでしょうか?
こんな鄙びた宿は減って行く現状、何とか残って欲しいですね。

  • #-
  • ぽんこ
  • URL

2010.12.01 Wed    |  ぽんこさんへ

利用時には殆ど感じられなかっですよ
他の施設利用時ですが、清掃後では感じることもあるのでタイミングかもしれないですね。
仰る様に、趣きはある湯宿ですが冷鉱泉故の厳しさは推測されます、多くの利用者の記憶にも残る宿で頑張ってほしいと同感です。

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/637-27f59775
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ