御やど しきしま荘・風呂

P1090442

【檜風呂】
P1090457

【露天風呂・檜風呂側】
P1090468
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1090444
脱衣場
 P1090461
温い湯がチョロチョロ
 P1090465
湯槽壁面から勢い良く投湯
赤茶の湯花が舞う
  P1090455
洗面
 P1090469
露天投湯口

エレベーターで一階に着くと直ぐ目の前 
脱衣場は大きな篭で使いやすい 冷水完備 浴槽は総檜 ギミックぽい投湯口の横水面下に本当の投湯口があり、パチパチと弾けるガス分も散見。 アメニティの揃った洗面 露天は一階故塀に囲まれているので開放感は少なく岩肌をチョッと拝める程度 内風呂の温度は適温だが露天は少々あつめ 源泉は一本の筈だが、内湯と露天の湯使いの違いだろうか内湯が気に入った。
23時に男女入れ替え(当日は22時) 続いて「岩風呂」を紹介しよう 早朝の撮影は諸事情により断念 夜の撮影のみ
【岩風呂】内湯
P1090563

【露天風呂】
P1090551
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1090544
脱衣場
 P1090548
洗面場
 P1090555
温泉成分

 こちらの露天があつかった 源泉が44℃なので低下も含め露天は加温してる可能性がありと推測 このような事から冬季は内湯がお薦め 赤茶色の湯花が舞い入浴中より浴後から肌がつるつるする温泉

温泉分析表
源泉名:天人峡温泉(天人峡第1号泉)
試験日:平成17年9月5日
泉温:44度
pH:6.8
蒸発残留物:1.967g/㎏
成分総計:2.298g/㎏
泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
   (低張性中性高温泉)
旧泉質名:含土類・食塩-芒硝泉
湯使い:詳細表示は無し HPでは天然温泉掛け流しと表記 
     体感では加水なし・加温あり(一部)・薬剤なし・循環無しと推測
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/692-3a422df9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ