マウレ山荘・丸瀬布・立ち寄り湯

【外観】
P1100535

【内風呂】
P1100509
【露天風呂】
P1100510
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1100314
脱衣場
P1100503
休み処
チョッと狭いかな~
P1100518
昭和32年丸瀬布温泉翠明荘時代の温泉分析表も見られる。
P1100532
ラウンジのテーブルには薔薇がさりげなく
P1100498
庭にはオブジェ 階段で下りたところにはガーデンもある。

ここに温泉があるのは知られてた、戦後120mのボーリングにより28.5℃の源泉を加熱して昭和32年に「丸瀬布温泉翠明荘」として開業 その後国民宿舎~振興公社と変遷 昭和57年に再度ボーリングし 1.300mで45.0℃の源泉 翠明荘は老朽化に伴い平成12年で幕を閉じ 翌年「丸瀬布温泉マウレ山荘」をオープン >宿の掲示より一部抜粋

無色透明・無味無臭で個性の無い源泉と思う貴方 実は強ツル(ヌル)の湯だ。 留辺蘂の「夢風泉」がツルツルで化粧水と表現したら、こちらは体にまとわりつくヌルヌル感で乳液と表現しよう。
山奥の日本離れした温泉宿 某宿予約サイトでは常に上位の宿で料理自慢の宿だったりするが、個人的にはチョッとお高いかなと私感だが、一度は宿泊してみたい。

温泉分析表
源泉名:丸瀬布温泉1号源泉
試験日:平成19年6月19日
泉温:45.2℃
ph:8.6
蒸発残留物:0.606g/kg
成分総計:0.790g/kg
泉質:アルカリ単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
旧泉質名:単純温泉
湯使い:循環濾過・薬剤あり・加水無し
内風呂は少々薬剤臭を感じるが、露天風呂は気に成る程ではない。
●マウレ山荘●
住所:遠軽町丸瀬布上武利172番地
電話:0158-47-2170
立ち寄り湯
料金:600円
時間:12:00~21:00
maure
関連記事

Comment

2011.05.12 Thu    |  いわさん

再開しましたね、オメデトウ!

2011.05.12 Thu    |  

ブログの更新できるようになったんですね!
おめでとうです♪
ここって欧米にあるリゾート地のような感じですね
丸瀬布のイメージとは随分違いますよ(笑)
露天風呂が開放的でよさそうだし
一度行ってみたいです!

  • #12BGKAFY
  • 和友
  • URL
  • Edit

2011.05.12 Thu    |  コメント有難うございます

多くの方からコメントいただいてとてもうれしく思いました。
「暫く休む」と記事にしながら、皆様の後押しもあり早速再開(苦笑

ダッフィーさんへ
使い慣れないノートとWin7で再開しました
更新テンポは少し遅れるかもしれませんがよろしく

和友さんへ
一応この施設はスコットランドを模してるらしいですよ
露天風呂の一角は浅くなっていて寝湯が出来て気持ちいい
現在、マウレで頂いたランチ記事作成中

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/728-a0d70fff
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ