祝梅温泉・立ち寄り湯

【祝梅温泉】
P1140949

【浴槽】
P1140958

【別角度 浴槽】
P1140961
旧施設からチョッと移動、新施設で火災、復活と波乱万丈の施設 以前からお仲間からは聞いていたのですが実はここも初体験(汗 あの名物のボーリングピン
本当に横倒しに・・・
以前は素直に垂直だったとのこと
が目に飛び込んで来た時は、「あれかー」と感無量(爆

冷鉱泉の加熱には廃材を使用してる為、煙が漂い香ばしい匂いも。 引き戸を開けるとデカイ土間玄関でさらに戸を開けると、個人の応接間
ばあちゃんの家だ(笑い
に飛び込んだ。 番台風のカウンターには「地鶏新鮮たまご
お得な回数券も絶賛発売中
」も絶賛販売中 銭湯より安い350円支払い脱衣場に、
一部畳敷きで壁面の棚 浴槽は一段低くいので階段で降りドアを開けると、先客1名 「今日はー」とご挨拶 「あーいい時にきたわー、熱くて冷泉でうめてたとこで、丁度よくなったところだよ!」 利用客もフレンドリー

やや硫黄と鉱物系の香り 黒い湯でツルツル 先客が冷泉で温度調整してくれたからか源泉の良さに驚く カランは源泉と至れり尽くし 極楽! 先客と近所の根○越の話で盛り上がってのぼせてしまった。

商売化も立派な施設でもなく、脱衣場の床は傾いてるし気になる方お勧め出来ないが、温泉好きなら一度は利用したい温泉

以前、詳細などは紹介しないと暗黙のルールだったが、オーナーに聞くと「皆いらっしゃい~」らしい
ネット検索でヒットするので、住所は頑張って探してね。。
関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://4and20.blog87.fc2.com/tb.php/938-3bc8c26a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ