かんの温泉・宿泊

DSCF2208

DSCF2246 年明けの今月
どこかで呼ばれたような気がした、誰が呼んでるのかな
ひょんなことから、山深い宿に宿泊してきました。 長い冬眠から覚めた「かんの温泉」

まだブログも始めていない時期に、一度だけ訪れたことがあり、その後色々な噂を聞くに付け再度訪れる機会も無く、宿自体が無くなっちゃった。
途中でいろんな噂は聞いたが中々実現はしなかったが、昨年、8月に再開されました最初は立ち寄り湯のみでしたが、宿泊も対応した模様

そば処 おふくろさん・鹿追

DSCF2331
鹿追の町中 店前に3台ほど駐車スペースがあるが、道路向かいに無料の駐車場があるので安心 開店してすぐに訪問
店内はテーブル・椅子席を用意 テーブルのメニューを手に取り思案 店先の「本日のおすすめ」も気になったが、訪れるまえから決めていたこちらを注文

【ごぼう天そば】700円
DSCF2342
荒目なかきあげが一枚載るフォルムが印象的 土の香りが微かにする牛蒡と人参が入るかきあげはとても美味しい。
作り手・お店の雰囲気などと相成って、チョッと苦手な太目の田舎そばとこれはこれで、素朴ながら完成度が高い逸品だろう。 尚開店時間が短いのが難点なのでご注意

そば処 おふくろさん
住所:鹿追町新町1丁目6
電話:0156-66-1161
営業:11:00~15:00
休み:火曜日

夢風泉・留辺蘂・立ち寄り湯

DSCF1586
お盆休み中 石北峠を越え向かった温泉は夢風泉 格安で利用できるとあって宿泊は満室だ! 何といってもここの温泉が素晴らしい。 早速向かおう。  値段も変わらなく360円

【お風呂はこの先】
DSCF1588

【半円形の浴槽】
 DSCF1597

【1/4円の浴槽】
DSCF1599
透明で癖のない源泉 鼻を近づけると弱く硫化水素臭 pH9.6の強アルカリの源泉は健在 そしてツルツルもいい。
マウレ山荘がまとわり付くツルツルと表現すれば、こちらは化粧水のごとくサラサラ・ツルツルの感触 掛け流しの源泉がオーバーフローしてる音を聞きながら贅沢な時間が過ぎる。 勿論カラン・シャワーの湯も源泉
ゆったり作られたお休み処で火照った体を休ませ売店を覗くとオリジナルの「夢風泉 入浴剤」なんか売っていました。
施設の老朽化もある筈ですが、それを感じさせなく館内は清潔感がありスタッフの努力のたまもの
前回利用時には滝の湯センターの年期の入った分析表でしたが、今回正式な? 分析表が掲示

温泉分析表
源泉名:滝ノ湯2号井、滝ノ湯3号井混合泉
試験日:平成20年12月12日
泉温:44.1℃
pH:9.64
蒸発残留物:0.222g/kg
成分総計:0.259g/kg
泉質:単純硫黄温泉(アルカリ性低張性高温泉)
旧泉質名:単純硫黄泉
久しぶりに訪れた温泉は変わらず迎えてくれた。

夢風泉
住所:留辺蘂(ルベシベ)町滝の湯128
電話:0157-67-4126
立ち寄り湯情報
料金:360円
営業:11:00~20:00
 

リボン食堂・湧別

DSCF1572 湧別町のリボン食堂さん 名前が可愛らしい。 駐車場は道路を挟んで向かいに大きなスペース完備
店内はテーブル席と小上がりがあり奥には宴会が出来そうな座敷があり、家族連れでもゆっくりと利用できると思います。
利用客の食事を見てみるとラーメン率が高そうです。 勿論サロマ湖・オホーツクは目の前なので海鮮も期待できる。
テーブルのメニューを見ると先頭は定食・ご飯物・麺類と続く えび・かに焼き飯が気になるが いつもの
【しょう油ラーメン】650円
DSCF1562
透明系の食堂ラーメンが登場 スープはトテモとてもアッサリだ 豚骨ベースで油は少な目 麺はやや細めの中縮れ中加水率で札幌よりの麺  柔らか目のチャーシュー・メンマ・三色ナルト・ネギと基本がのる 
濃い目で塩っぱいラーメンに慣れてるからか正直物足りなかったのは事実

【ホタテちらし】1200円
DSCF1569
流石 本場のホタテは美味しい コリコリの貝柱とホタテのひも真ん中にはイクラ間違いなく美味しいと思います。

【冷やしラーメン】800円
DSCF1567
冷やしラーメンは殆ど自宅でしか食べない私 市販のスープで十分じゃないか と思ってる。 自宅では濃い目の酸っぱいスープは少なめが多いパターンですが、こちらは何処かで体験した「冷たいラーメン?」ほどの半分程のスープが満たす。
斬新さもありバランスが良く美味しいです、もし割りスープなんかあれば完汁しそうです(爆

リボン食堂
住所:紋別郡湧別町緑町
電話:01586-5-2406
営業:11:00~21:00
休み:

サロマ湖畔の遊園地

DSCF1580

DSCF1579
お盆休み中は、病院・墓巡り・親戚の訪問と何時ものルーティンこなし 後如何に過ごすか問題だ。 近間の温泉-行き過ぎてイマイチ 美瑛・富良野-飽きた 旧産炭地-同行者がノル気でない
何故か「道東」に向かった一日 サロマの道の駅の併設してる遊園地は家族連れで大賑わい!

レストラン・レイラ マウレ山荘

【レストラン・レイラ】
DSCF1249
今年も開催してたのは不明ですが、以前食事で利用したのはGW中の限定ビュッフェスタイルでお隣の「パシパ」利用
今回は「レイラ」 ピカピカなフロアーでお出迎え ワインセラーにはマイナーな道内産も品揃え メニューを眺める、中々強気な価格設定です。 先頭はそば 次に肉・海鮮・カレー 最後はチャーハン・麺類と続く
メニューに「豚ロースカツレツのミートスパゲテイ」所謂スパカツ発見!

【豚ロースカツレツのミートスパゲティ】1.404円
DSCF1259
個人的にはB級と思っていますがこ洒落たビジュアル これ程ぶ厚いロースカツは中々拝めない。 邪魔しないサクサクの衣 中は柔らかくとても美味しい。 コスパはちょっと厳しいかもね。  

マウレ山荘・丸瀬布・立ち寄り湯

【マウレ山荘】
DSCF1300

DSCF1240
丸瀬布の脇にそれ11㌔ほど車を走らせる。 山間に洋風のマウレ山荘はいつものオブジェが迎えてくれる。 
フロントの向かいは立派な暖炉がお出迎え、お休み処で暫し一息つき
籐で出来た籠のある脱衣場 アメニティーも充実

【内湯】
DSCF1297
湯船はひとつと潔い 私感ながら源泉は道内有数の強ツルの湯は健在 洗い場のアメニティーも充実 
源泉は、無味無臭無色と特徴がなく、成分もこれと言って特徴がある訳ではない。 あえて言えばpHが8.64とアルカリに振れている位 
アルカリ度が上がればツルツル度が上がるわけでもない、中性でもツルツルする湯は幾らでもある、温泉って本当に面白いね。

瀬戸瀬温泉・立ち寄り湯

【瀬戸瀬温泉】
P1180624

【浴場】
P1180615
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
 P1180601
外観は変わっていない
  P1180622
  P1180602
昭和にタイムスリップ
 P1180609
源泉蛇口も健在
 P1180616

久しぶりの瀬戸瀬温泉 2010/9/18以来になります、過去記事はこちら
いつもの変わらないタイルで出来た瓢箪型の湯船が気持ちいい 
pH:9.8の透明でクセの無い源泉が掛け流し 撮影は湯気でボケボケなので、悪しからず。
料金が500円と変わらないのもうれしい。

よってけ まるとみ・紋別

よってけ まるとみ】
P1180571
お腹が空いたので、紋別までひとっ走り(どこまで行くんだ!) 紋別市内を走ってると車・バイクが止まってるお店発見! 
まるとみさんへ初潜入 カウンターとこ上がりがある店内はほぼ満席です。 
レジ横にはお薦めの黒板 丼・焼き魚・魚のから揚げとあるが選んだのが

【鮭の親子どんぶり】1.200円
P1180555
アラ汁が付く いくらがプチプチで薄味ながら旨味がすごい これは美味しい。

【お刺し身定食】1.250円
P1180557
小鉢(本日はマーボ豆腐)が付く お刺身の美味しさは説明は要らないだろう。 色々な料理を注文してシェアして食べるのも楽しい。

虹の橋・錦仙峡

P1180541

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
滑り台
 P1180538
虹の橋の由来か 横から水を放水
 P1180531
 P1180530
紅葉にはまだ早かった
 P1180530

芝桜のあとは町をチョッと散策 人専用の橋の「虹の橋」と思う。 時間で放水してるようで最初は放水してたが帰りには停止してた。

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ