オベリベリ温泉 水光園・立ち寄り湯

【オベリベリ温泉 水光園】
P3040039
帯広に来たなら温泉入らなきゃね 十勝川温泉もあるが、市内の銭湯に伺った。
温泉不毛地帯の旭川と比べると、近所に手軽に利用できる温泉が在ることが羨ましすぎです。

利用したのはお昼過ぎ 入り口はお蕎麦屋さんですが、その奥に駐車場があるのでそこに駐車しましょう、既にお客さんが大勢 休憩所の横の入り口から浴場に向かおう 乱れ籠の脱衣スペース コインロッカータイプの脱衣場も余裕がある造りが気持ち良い。

【内風呂】
P3040021
動力楊湯で湯量も豊富なのか、浴槽も3ヶ所 露天は二ヶ所もあります。 それも44℃と湯温も恵まれているモール泉が注がれています。 掲示されてる情報によると、源泉が注がれているのは、主浴槽と露天石風呂で他は、ろ過掛け流しですが残念ながら薬剤使用 ただその差は入ると歴然 ツルツル度が明らかに違う。
モール独特のほのかな香りは飛んじゃってるのが残念 一旦貯湯してると思われる。 がそれを差し引いてもくつろげる湯 利用客も多く画像は断念 後はカメラを置き、ゆっくりと湯を堪能した。

温泉分析書
源泉名:オベリベリ温泉 水光園
試験年月日:平成28年12月12日
泉温:44.4℃
ph:8.8
蒸発残留物:0.331g/kg
成分総計:0.437g/kg
別記 腐食質:4.4㎎/kg
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
旧泉質名:単純温泉

資料に拠ると
掘削年:1970年 深度:1193m 帯広市内の温泉ボーリングは1970~80年に集中して開発、殆どが1.000mを越す深度で、その一本
温泉に拘るなら、やはり 市内ならホテルボストンアサヒ湯がお勧めかなと 言って過去記事探すが無い・・・在る分けないブログ作る前に利用 昔の画像引っ張り出した。

オベリベリ温泉 水光園
住所:帯広市東10条南5丁目4番地
電話:0155-23-4700
立ち寄り情報
料金:440円
営業:11:00~23:00
オベリベリ温泉 水光園さんのFBはこちら 

懐・帯広

【懐】
P3040004
少し早めに着いた、店前に駐車して待つことにしよう。 ただ札幌の重鎮に聞いたところ「何時休みか分からないし、電話は非公開」 つまり行って見ないと分からないってこと・・・「そうなのであります。ハイ」 ヤヤコシイ店だが、逆にメチャ燃えるね
開店時間を過ぎました、開く気配はありません・・・やや諦めた頃 隣に自家用車が駐車 チョッとめんどくさそうにしながらも、「今 開けるから待ってて」
開きます、食べれます。 

【店内】
P3040005
カウンターとテーブル席です。 何故かバナナとかパイナップルが置いています。 メニューは壁に直に書いています。 なんだこのメニュー らーめんと書いている通り しょう油 一本勝負! だから多め・少な目の注文が無ければ、何も言わずに丼が出てきます。

湯を沸かしたりしてるので、時間があり、ご主人と話してると、店に来たとき私の車があり、「帯広ナンバーで初めての方なら「時間掛かるよ」と思たけど、旭川ナンバーなので開けたんだよ」 メンドクサイご主人だが、好きです。 待つ間常連さんが来店 新ラーメンの話やら耳ダンボ状態(笑い

【しょう油ラーメン】650円
P3040013
ホウレン草・麩・海苔も乗ってる昔風ラーメン・中華そばとでも言えそうなスタイル レンゲで一口 豚骨・鶏ベース・昆布・煮干しと味醂って言ってたな、
油は少なめ 煮干しが香り塩分も程よく ご主人から想像するとガッツリ系と思ったが驚きの優しい味 ギャップが凄すぎ
麺はやや細め・強縮れ・加水率高めの地元まる源保刈製麺 チャーシューは昔風 味濃い目で繊維状に切れるタイプが二枚
「裏メニュー」の塩があり連食で注文するつもりでしたが、多分通りそうも無いので表メニューで退散

実はその前に常連さんとご主人が話してた、試しに作ったラーメンが在るんだけど食べると会話・・・ 俺はいいわ なんて言うもんだから、「その●●ラーメンって食べてみたいのですが、無理ですよね?」なんて 口から出てた(爆 モチロン撃沈

これで顔覚えてもらったかな、裏・裏々メニューを頂けるのは常連のみと興味の尽きないお店
この店で、塩・ガッタリと言って注文通るまで何回通えばいいのでしょうか?(爆

らーめん
住所:帯広市西五条北1
電話:--
営業:11:30~15:00 (注)ご主人の気分次第
休み:不定休
 

ふれ愛・ふれ愛の郷

【レストランふれ愛 旭川福祉専門学校内】
P3010021

P3010022 東川の中心街を抜けキャンモアースキー場を横目に見ながら更に車を進めよう。
高台が左手に見える、その場所に 北工学園系列の福祉専門学校が見えてくる。 

食堂が有りそうなのでうかがった。 情報は皆無、之ばかりは実際に行かなくちゃ分からない はたして一般の方が利用で来るのでしょう?  

【店内】
P3010019
遠慮がちに駐車場に停めると、すれ違う学生達が「今日は」と声を掛けてくるのが気持ちいい。 学生に聞くと利用はOKで 大歓迎とのことです。 店内は高台にあるのでとても開放感があります。 店内は、テーブル席のみで 訪れたときはランチ時で学生で大賑わいでした。 画像はちょっと時間が経ち学生が引けたときにパシャリ
では券売機のメニューを見ましょう。
ラーメンはしょう油・みそで塩は無く、丼物・カレー・セット物もあります。 ロコモコ丼も発見 で注文したのは

【しょう油ラーメン】550円
P3010009  
脂は少なめ 透明系で魚介も僅か 時々遭遇する業務系と推測 麺は、低加水・中細・強めの縮れの旭川麺がうれしい。 チャーシューはややしょぼめなのが一枚 価格からいったら致し方ない。
アウェー感が漂う場所でいただく、ラーメンは久しぶりです。  職員から寒かったらストーブの傍に移って下さいと声も掛けていただいた。 
卒業生はきっと良い社会人になってると期待したいですね。

レストランふれ愛
住所:東川町進化台
電話:0166-82-3898
営業:--
休み:--
委託されてる業者は富良野の西川食品

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ